トロフィー購入サイト☆厳選6社

予算内でトロフィーを用意できることも大切

予算内でトロフィーを用意することができるように、情報収集に力を入れることも大事なポイントです。たくさんの情報を集めることにより、今まで気付けていなかったサービスを見つけることができるケースもあります。サイズや予算もあるため、じっくりと情報を集められるようにすることも大事です。

インターネット通販サイトでも、トロフィーを購入することができ、たくさんの商品情報を集めて、比較を進めていくことができることにも注目です。当サイトでは、トロフィーを予算内で購入できるように、価格もサービスの質も高いサービス情報を伝えていきます。

いろんなデザインのトロフィーがあるため、選び方に迷ってしまう方も多く、基礎知識を身に付けられるように情報発信してサポートします。スポーツ関連のイベントなど、イベントに合わせてトロフィーを注文することができることも重要になります。

ichikawa-sk

POINT

オリジナルデザインでトロフィーやメダル、表彰楯や優勝カップなどを製作する
日本人の感性が生んだ伝統技法を使って和風表彰楯やトロフィーを作る
オリジナルロゴやデザインからいろいろな記念品を製作している
公式サイトはコチラから

ichikawa-skはオリジナルデザインによるトロフィーやメダル、表彰楯や優勝カップなど製作に対応しています。1個からでも制作することができ、大切なイベントや賞などの記念品として利用することが可能です。和をテーマにしたオーダーメイドを行うことができ、探しているアイテムを見つけることができます。

オリジナルデザインをいかした記念品は、さまざまなスポーツ大会やコンクール、優績者表彰やコンテストなどのお祝いの場を彩ることができます。担当スタッフと気軽に相談することができ、いろいろな提案を行っています。

メダルや優勝カップ、トロフィーや楯などは表彰品として人気商品です。さまざまなシーンにおいてイベントを引き立てることができ、盛り上げるアイテムとして利用することができます。いろいろな種類が豊富にあるので、好きなアイテムを選択することが可能です。

123トロフィー

POINT

スタイリッシュなトロフィーやオリジナルプレゼントにおすすめ
クリスタルトロフィーや表彰メダル、優勝カップや表彰楯などに対応している
自社工場において専任スタッフが施工していて、名入れ加工も可能
公式サイトはコチラから

123トロフィーにはいろいろな種類があり、人気のクリスタルトロフィーを提供しています。最近表彰シーンのトレンドになっていて、七色に輝く美しさが魅力的です。クリスタルトロフィーオーナメントの特徴として、際立つ透明感や厚感、気品溢れる存在が永遠の輝きを放っています。

大会やイベント前のオーダーにも対応することができ、最短2営業日後に届けることが可能です。他にはない主催者の想いを込めることができ、社章や大会イベントのロゴやキャラクターなども入れることができます。リーズナブルな料金で注文することができ、彫刻料やデザイン料金込みの価格になっています。

メダルも提供していて、樹脂プレートを彫刻したりいろいろな加工を施すことが可能です。マーブル調のプレートを利用することができ、高級感溢れる仕上がりになります。メダルの色と同色でコーティングしたアルミプレート表面を印刷することができ、本体と色味の親和性などを求めながら写真などのデザインを施すことが可能です。

表彰用品なら123トロフィー

ギフト大洋

POINT

5,000円以上の購入で送料が無料になる
自分だけのトロフィーを作ることができる
ウェブからでも実店舗からでも購入可能
公式サイトはコチラから

トロフィーを購入したいと考えているのならギフト大洋という専門店があります。こちらではクリスタルやブロンズといった素材でトロフィーを作っているほか、自分だけのオリジナルのマーク等をあしらったオリジナルを作ってもらうこともできます。

トロフィーへの文字の彫刻サービスもあり、文字彫刻代が無料となるキャンペーンが行われています。こちらのキャンペーンはギフト大洋で販売されている全商品が対象なので、様々な商品に手軽に文字を刻印できるのが嬉しいです。

ウェブのショッピングページではカートからの注文手続のほか、フォームからの注文やFAXで購入するための注文書をダウンロードすることができるので、様々な手段で商品を購入するシステムが用意されているといえるでしょう。

ファーストトロフィー

POINT

即日発送してくれるのでとてもスピーディー
金額によって送料や代引き手数料が無料になる
オリジナルオーダーが安く購入できる
公式サイトはコチラから

いろいろな催しものでトロフィーを作るならファーストトロフィーがとても使い勝手が良いです。ファーストトロフィーではクリスタル製のトロフィーをはじめとして、それ以外にも楯や優勝カップやメダル等、さまざまなアイテムを作ってくれます。

即日発送可能な業者ですから、急ぎでクリスタル製のトロフィーを作りたい時にはぴったりな業者と言えるでしょう。急ぎだからといって、商品に手抜きは一切ありませんので、安心してクリスタル製のトロフィーをはじめ、さまざまなものが買えます。

既製品はもちろんのこと、希望通りのオリジナルアイテムを作ってくれます。オリジナルは基本的に高いイメージですが、ファーストトロフィーなら値段を抑えた形で対応してくれます。

ジョイタス

POINT

文字入れしても即日発送が可能
トロフィーをはじめとして様々なアイテムを作ってくれる
電話注文や納期等気軽に相談できる
公式サイトはコチラから

イベントにトロフィーを作る時に頼りになる存在なのがジョイタスです。ジョイタスならトロフィーをはじめとして、メダル等、イベントの時に表彰されるものや商品を中心としてさまざまなアイテムをリーズナブルな料金で作ってくれます。

ジョイタスでは、最短納期にとても力を入れています。文字を刻印した場合でもスピーディーな納品になりますので、急な依頼をしないといけない場面でも安心して注文できます。融通の利くインターネットの通販サイトに仕上がっています。

文字刻印の作業等は全てインターネット上のやりとりで済みます。ですから、24時間自分のタイミングで依頼したり校正したり入稿が可能です。時間を気にせず作業を進められるのが大きな特徴です。

株式会社アイワ徽章

POINT

セミオーダーでトロフィー等を注文できる
送料無料になるサービスや、発送もスピーディー
名入れを無料サービスで行ってくれる
公式サイトはコチラから

トロフィーを通販で購入できる株式会社アイワ徽章では、注文スタイルでセミオーダーで商品を購入する事ができますし、デザインを会社側と決めた後に5日から12営業日の間が標準納期になります。支払い方法も代引きやクレジットカード等から自由に選ぶ事も可能です。

商品を合計で10,000円以上購入すると送料が無料になるサービスがありますし、商品も最短3営業から発送してくれるので、商品をすぐ手元に欲しい時に非常に頼りになります。複数個所に発送する場合は、一カ所につき1,000円を支払う必要があります。

トロフィー等に名入れをする時には、無料サービスで行ってくれるので、お得にオリジナルの商品を購入する事ができます。消防や警察関係の方が利用できる商品も用意されているので、幅広い層のお客さんの味方になります。

希望通りのトロフィーを作ってもらいましょう

今から実際に、希望通りのトロフィーを作ってもらいたいのであれば、トロフィーを作ってくれる業者そのものが昔に比べてもかなり多く出てきているので、慎重に探した上で声をかけるようにしておきたいところです。その類の業者に関して詳しい人がもし身の回りでいるのであれば、声をかけて積極的に教えてもらったほうが無難だといえます。そうすることによって初心者判断を未然に防ぐこともできるでしょう。当然ながら、地元でトロフィーを作っている業者に心当たりがある場合、そちらにお願いをするのも1つの有効的な手段だといえます。これなら、下手に有名な業者に声をかけるよりも、コストパフォーマンスよく作ってもらえる可能性も高いので、利用する価値はあるはずです。どのような業者でも構わないので、とにかくデザインセンスに優れている業者を優先しましょう。

もし身近なところで活躍している業者に心当たりがなく、紹介してくれる人もいないのであれば、インターネットを利用して情報収集するのも1つの有効的な手段です。パソコンやスマートフォンのスイッチを入れて全国規模で情報を入手するように意識しておけば、口コミ情報サイトなどから情報を入手することができます。人気を確認できるランキング形式のサイトなどに目を向けることも、大きなポイントになってくるので覚えておきましょう。そこで選ばれ続けているトロフィー作成業者がどこになるのかがわかったら、安心して利用できるはずです。ただ、すぐに決めてしまうのではなく、業者のホームページにチェックを入れて、特徴を把握した上で利用することが大きなポイントとなります。ホームページでは今までの作成事例などもあるので、調べておくと良いでしょう。

なおかつ、こちらの希望しているデザインがどのようなものなのかもきちんと見極めることが大切です。希望デザインに関して伝えるのであれば、メールを利用するのが今の時代では大きなポイントとなります。メールを利用するだけではなく、細かいところまでしっかりと伝えたい場合は、トロフィーの希望デザインをファックスで記入した上で伝えるようにしましょう。1度だけでこちらの希望デザインが伝わるとは限らないので、何度も繰り返しやりとりを行って、希望デザインを伝えられるように意識することが大事です。こちらが希望しているデザインと、業者が認識しているデザインのすれ違いがなくなるまで、何度もミーティングを行うことが、オーダーメイド作品を作ってもらう上では基本中の基本となるので、ここだけは注意が必要となります。

カテゴリー

PAGE TOP